お金があったらリフォームしたい

昔のお風呂をリフォームしよう

お金があったらリフォームしたい 昔のお風呂は、下から薪を炊き、温めていました。そして、薪の煙は煙突から出て行くようになっていました。そのため、昔はどの家にも煙突がありましたが、最近は薪を炊く家がほとんどなくなりました。薪のお風呂を使っている場合は、最新のお風呂にリフォームする人が多いです。最新のお風呂はとても便利な機能がたくさんあります。浴槽の横にはいろいろなボタンが付いています。一番目立つのが温度の数字です。温度を設定すると、もしお風呂のお湯がぬるくなった時、追い焚きボタンを押すと、設定した温度まで温めてくれます。

家族が続けてお風呂に入る場合は、設定した温度をずっと保っておく機能もあります。少しぬるくなったら自動で追いだきをするので、後からお風呂に入っても温かいままです。他にも、呼び出しボタンがついていて、ボタンを押すと、台所やリビングなどに音がなる機能もあります。そして、浴室の暖房や、浴室乾燥機などの機能を付ける人もいます。冬の浴室は寒いので、特にお年寄りなどは、温度差で倒れたりしないように、あらかじめ浴室を温めておくといいです。乾燥機は、雨で外に干せない時など、乾燥機をつけたお風呂場に干すとすぐに乾くのでとても便利です。

ピックアップ

Copyright (C)2022お金があったらリフォームしたい.All rights reserved.